トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング » 長持ちさせるためには歯周病を完治してから

長持ちさせるためには歯周病を完治してから

審美歯科メニュー歯周病を放置したまま審美歯科を行っても、歯周病が進行すれば、歯が抜け落ちてしまうことがあります。歯をより長持ちさせるには、治療前に歯石や汚れを取り除いて、歯肉が安定した状態になってから人工物(被せ物や詰め物)を入れます。

また歯周病は、さまざまな全身の病気とも深い関わりがあることが知られています。歯周病の細菌がお口から血管に入り、全身に広がることで糖尿病や心臓血管疾患、肺炎、さらには早産を引き起こすと言われています。全身の健康のためにも歯周病を放置せずにしっかり治しましょう。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科・ホワイトニング » 長持ちさせるためには歯周病を完治してから



TOP