トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » お子様の自主性を育む治療

お子様の自主性を育む治療

小児歯科治療が怖くて泣き出したり嫌がったりするお子様を無理やり治療すると、お口の中を傷つけてしまう恐れがあり、大変危険です。当クリニックでは、お子様の自主性を大切にした小児歯科を心がけていますので、嫌がる子を無理に押さえつける治療はいたしません。

まずは、クリニックの雰囲気に慣れてもらうために、お口を開ける練習から始めます。そのため、お子様よっては治療が始まるまでに、少し時間があるかもしれません。もちろん通院回数も増えますが、お子様に不安感を与えませんので、その後の治療が楽になります。歯医者ギライを克服するためにも、ぜひご理解ください。

お子様だからといって子ども扱いしません
お子様にも人格がありますので、決して子ども扱いはしません。大人と接するときと同じように話します。「動くと怪我をするからね」「動かなければ大丈夫だからね」と伝えるだけで、嫌がらずに治療を受けてくれます。

それでも泣き出してしまうお子様には
どうしても泣き止まないときは、虫歯の症状を見た上で、その日は何もせずにお帰りいただき、改めて別の日に来院していただくことがあります。ただし、激しい痛みがあるときは痛みを取ることが先決ですので、ご家族に協力していただき、お子様をタオルにくるんで治療をいたします。そこまでしなくても、と思われるかもしれませんが、事故や怪我を防止するための対応ですので、ご理解いただければ幸いです。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » お子様の自主性を育む治療



TOP