トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 当クリニックの歯周病治療

当クリニックの歯周病治療

スケーリング当クリニックの歯周病治療
スケーリングとは、歯の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付着したプラークが落ちにくくなります。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
ポケットの深さが3~4mm前後の、比較的軽い歯周病の場合に行われる手術です。麻酔をかけ、歯石や血膿と一緒に患部の歯肉を削り取ります。肉眼で見えないところなので、かなり難しい手術と言えます。手術後に歯みがきをきちんと行うことで、歯肉は歯に再びつき、ポケットはなくなります。

新付着術
主に前歯の場合に行う手術です。手術後に歯の根が露出するのを防ぐのが目的です。したがって、歯肉の外側を生かし、内部のポケットだけを切り取ります。

歯肉切除術
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で、短時間で行うことができます。

フラップ法(Fop)
歯周病がかなり進んでいる重度の場合に行う手術です。歯肉をはがし、歯石や血膿とともに炎症部の歯肉を切り取ったあと、元どおりに縫合します。手術は約1時間かかります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 当クリニックの歯周病治療



TOP