トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療(重度の虫歯治療) » 根管治療とは?

根管治療とは?

根管治療根管治療は、歯の症状により治療手順や通院期間が変わってきます。麻酔を施したあと、専用器具を使って歯の神経が通っている管(根管)を洗浄します。汚れを完全に取り除いたあと、薬を充填して詰め物を被せれば終了です。なお、麻酔をしていますので、治療中は痛みがほとんどありません。

<根管治療の流れ>
治療は麻酔注射を施して行いますが、炎症がひどい場合、麻酔が効かないことがあります。その場合は、神経に直接麻酔をかける伝達麻酔を施します。鎮静効果が高い反面、身体に負担がかかるので、ご高齢の方や高血圧の方には使用いたしません。

【STEP1】歯を削る
虫歯に感染している部分を削ります。
次へ
【STEP2】根管清掃
器械または手動の機械を使い、根管(歯の根の中)の悪くなっている部分を取り除きます。
※清掃器械は症例に応じて使い分けます。
次へ
【STEP3】根管形成
歯髄を取り除いたあと、根管内を完全に消毒します。
次へ
【STEP4】根管補填
歯根内に薬剤と充填剤を丁寧に詰めて、感染を防ぐために完全に蓋をします。
次へ
【STEP5】形成
土台を作り、人工歯を被せます。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療(重度の虫歯治療) » 根管治療とは?



TOP