トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行

虫歯の進行

C1(エナメル質う触)c1
虫歯が歯の表面を覆っているエナメル質を溶かして小さな穴が空いた状態です。象牙質に達していないため、痛みはありません。この段階では、フッ素塗布やシーランで治療します。これ以上進行させないよう、歯みがきをしっかり行うことが大切です。

C2(象牙質う触)c2
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいるので、冷たい物や甘い物がしみることがあります。痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要となる場合があります。虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了します。しかし、虫歯が内部で大きく広がっている場合は麻酔をして虫歯の除去を行い、形を整えます。そのあと型を取り、詰め物をします。

C3(神経まで達したう触)c3
そのまま放っておくと歯髄(神経)は死に、細菌が根の先に流れ、膿のフクロができます。このような症状の場合、根管治療という、死滅した歯の神経を取り去り、根の内部(根管)をきれいに殺菌・洗浄する治療を行います。

C4(残根状態)c4
時には膿が歯肉を破って外に排出されることもあります。この段階では、抜歯にとなるケースが多くなります。


トップへ » 診療科目と料金 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行



TOP