トップへ » 診療科目と料金 » 口腔外科(親知らず抜歯など)

大学病院での経験を活かした、高度な口腔外科治療

口腔外科

院長は、昭和大学歯科病院で口腔外科医として長年勤務し、難易度の高い親知らずの抜歯から、事故や怪我に遭って救急搬送された多くの方々の処置を、迅速に対応してきました。当クリニックでも、勤務医時代の経験を活かした高度な口腔外科治療を行っています。

口腔外科は、あまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、一番多い症例が親知らずの抜歯です。親知らずが横に生えていたり、歯肉の下に埋まっていたりする場合は、口腔外科の経験がなければ処置できません。

院長は口腔外科が専門ですので、難易度の高い親知らずの抜歯も院内で処置いたします。もちろん抜歯後は、お口の中全体を管理し、総合的な歯科治療が可能です。親知らずでお困りの方は、ぜひご相談ください。

緊急性のある患者様も迅速に対応
口腔外科は緊急性が高く、当クリニックにも事故や転倒などで歯や口腔内を損傷した患者様が来院されて、緊急に対応することがあります。

事故や怪我はいつ起きるかわかりません。診療体制は常に整えていますので、もしものことがありましたら、すぐにご連絡ください。

口腔外科と全身疾患の関係

口腔外科日本は世界一の高齢化社会で、今後ますます高齢化が進むと言われています。それに伴い、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病など、さまざまな病気を抱える方も増えていくと予測されています。

歯周病が全身疾患を招くことは周知されていますが、逆に、全身疾患が口腔内の病気に影響を与えたり、全身疾患があるために歯科治療に支障をきたす場合があります。これを見落としてしまうと、患者様の命を危険にさらしてしまいます。

院長は全身疾患と歯科疾患の関係性を熟知していますので、患者様の健康状態を把握・管理しながら治療を行っています。初診時に既往症の確認をし、服用中の薬があればそれも伺います。細心の注意を払いながら、病気・症状に合わせた治療を心がけていますので、病気をお持ちの方は、事前にご相談ください。

口腔外科とは

口腔外科口腔外科は、口腔内で外科手術を必要とする治療です。ごく身近な外科手術には、骨の中に埋まっている親知らずや一般歯科では難しい歯の抜歯、お口の中にできたでき物を取り除く手術などがあります。

一般的には外科手術を伴うと治療と思われがちですが、咀しゃく・嚥下・発音といった顎口腔機能全体を捉えているため治療範囲が広く、内科的処置からストレス障害まで多岐にわたっています。

<口腔外科で扱う内容>
・埋伏している親知らずや一般歯科では困難な歯の抜歯
・顎関節症の診断と治療
・重度の口内炎の治療
・感染による炎症の治療と歯槽骨骨折の処置
・のう胞・腫瘍の診断と治療
・ドライマウスの治療
・睡眠時無呼吸症候群や摂食嚥下障害の治療


トップへ » 診療科目と料金 » 口腔外科(親知らず抜歯など)



TOP