トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科

お子様とのコミュニケーションを築く怖くない小児歯科

小児歯科

小さなお子様が歯の治療をしたときに嫌な思いをすると、それだけで歯医者が嫌いになってしまいます。特に泣き出してしまう子は、固く口を結んだまま何もさせてくれません。

お子様に安心して治療を受けていただくには、信頼関係を築くことが大切です。当クリニックでは、お子様に治療内容を説明し、怖くないことをきちんと教えてから治療を始めます。コミュニケーションを大切にしながら治療を進めていきますので、安心してお子様をお任せください。

お子様の自主性を育む治療

小児歯科治療が怖くて泣き出したり嫌がったりするお子様を無理やり治療すると、お口の中を傷つけてしまう恐れがあり、大変危険です。当クリニックでは、お子様の自主性を大切にした小児歯科を心がけていますので、嫌がる子を無理に押さえつける治療はいたしません。

まずは、クリニックの雰囲気に慣れてもらうために、お口を開ける練習から始めます。そのため、お子様よっては治療が始まるまでに、少し時間があるかもしれません。もちろん通院回数も増えますが、お子様に不安感を与えませんので、その後の治療が楽になります。歯医者ギライを克服するためにも、ぜひご理解ください。

お子様だからといって子ども扱いしません
お子様にも人格がありますので、決して子ども扱いはしません。大人と接するときと同じように話します。「動くと怪我をするからね」「動かなければ大丈夫だからね」と伝えるだけで、嫌がらずに治療を受けてくれます。

それでも泣き出してしまうお子様には
どうしても泣き止まないときは、虫歯の症状を見た上で、その日は何もせずにお帰りいただき、改めて別の日に来院していただくことがあります。ただし、激しい痛みがあるときは痛みを取ることが先決ですので、ご家族に協力していただき、お子様をタオルにくるんで治療をいたします。そこまでしなくても、と思われるかもしれませんが、事故や怪我を防止するための対応ですので、ご理解いただければ幸いです。

きちんと説明するから、麻酔注射も嫌がりません

小児歯科麻酔注射は大人でも嫌なもの。まして痛みに対して敏感なお子様となるとなおさらです。当クリニックでは、お子様に恐怖心を与えないために、麻酔注射を打つときはきちんと説明してから始めます。

「これから注射するよ。ちょっとチクッとするけど、注射をしないともっと痛くなるよ」と伝えると、一瞬びくっとしますが、泣き出す子はほとんどいません。ほとんどのお子様が、治療が終わればケロッとした顔をして帰っていきます。

お子様の虫歯をなくすために

小児歯科お子様の治療を始める前に、ご家族も一緒に診察室にお入りください。お子様のお口の中を見ていただき、虫歯の状態や治療方法をご説明した上で、治療に入ります。

お子様の虫歯は、ご家族が歯みがきの仕上げを見てあげることで予防できます。多くのご家庭では、小学校に入学するとお子様任せになっているようです。大変だとは思いますが、小学校卒業まではご家族が見てあげることをおすすめしています。

毎日の歯磨きには、むし歯予防効果があるフッ素配合の歯磨き剤を
フッ素には、歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれる効果があります。フッ素を充分に配合した市販のフッ素ジェルやフッ素洗口剤、あるいはフッ素入り歯磨き剤がありますので、ご家庭での口腔ケアで継続的にお使いいただくことをおすすめしています。

なお、お子様は唾液の分泌量が多いため、医院で高濃度のフッ素を塗布してもすぐに流れ落ちてしまいます。当クリニックでは、患者様からお申し出があった場合に限り、フッ素塗布を行っています。

当クリニックの小児歯科メニュー

正しい歯みがきを身につける【ブラッシング指導】小児歯科メニュー
歯みがきは、お子様の歯を虫歯から守る最も有効的な方法です。歯みがきの練習は歯が生え始めた頃から始まりますが、コツがうまくつかめずに汚れが残ってしまうことが多いようです。当クリニックでは、正しい歯みがき方法が身につくブラッシング指導を行っています。歯ブラシの正しい握り方や動かし方、磨き残しをチェックしながら、正しい磨き方のコツを指導します。

虫歯を寄せつけない【シーラント】小児歯科メニュー
シーラントは奥歯の溝に特殊な樹脂を埋めて虫歯を防ぐ治療方法です。その効果は高く、取れなければ半永久的に持続します。とはいえ、お口の中の環境によって外れてしまうこともあるので、3か月~半年に一度の定期メインテナンスをおすすめしています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科



TOP