トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療

一人ひとりのゴールに合わせた歯周病治療

歯周病

厚生労働省の調査によると「日本人の成人、約8割が歯周病に感染している」という報告があります。歯周病は、ある程度進んでしまうと進行を食い止めることができません。歯周病から歯を守るには、目標を決めてきちんと治療を受けることが大切です。

当クリニックでは、一人ひとりの患者様の目標に合わせた歯周病治療を行っています。そのためには、歯周病について理解し、症状を把握していただくことが必要です。現在、どこまで症状が進んでいるのかをお伝えし、それが完治可能なのか、進行を遅らせる治療が必要なのかを見極めた上で、治療を進めていきます。

患者様の努力が歯周病を撃退する
多くの方は、歯科医が歯周病を治す手助けしてくれるものだと思われているようですが、本来歯周病は、患者様ご自身の努力で治すものであり、そのお手伝いをするのが歯科医です。適切なアドバイスをいたしますので、毎日の歯みがきや定期検診を受けて大切な歯を守りましょう。

歯周病は歯を失う恐ろしい病気

歯周病歯周病は歯周病菌によって引き起こされる病気です。お口の汚れや歯垢が歯石に変わると、歯周ポケット(歯と歯肉の間にできる溝)の中に溜まって細菌が繁殖します。細菌で歯肉が炎症を起こし、それが歯周ポケット奥深くまで広がると、歯を支えている膜(歯根膜)や骨(歯槽骨)が細菌で溶かされていきます。やがて歯を支えきれなくなると、抜け落ちてしまう怖い病気です。

早期発見・早期治療が歯周病完治のカギを握る
歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。ゆるやかに進行していくため、腫れや出血などの症状が現れたときにはかなり悪化しています。場合によってはすでに手遅れというケースが少なくありません。でも、安心してください。早期に治療をすれば、ほぼ完治することができます。早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

歯周病の本当の恐ろしさ

歯周病患者様とお話ししていると、歯周病の本当の恐ろしさを知らない方が多いように見受けられます。歯周病菌によって骨が溶かされると、ひどい場合には歯が抜け落ちてしまいます。それだけではありません。さらに悪化すると、あごの下まで腫れてきます。それがもし上あごであれば、蓄膿症に似た症状が現れます。また、歯周病菌が原因で、全身疾患を引き起こす恐れもあります。

こんなに怖い、歯周病と身体の関係
最近テレビや新聞などで「歯周病と全身疾患の関係」が話題に上がることが多くなりました。歯周病が悪化すると、身体に悪い影響を与えると言うのです。事実、医療関係者の間でも、こうした問題が取り沙汰されています。

歯周病を放置していると、私たちの身体にどのような影響があり、どのようなトラブルを引き起こすのでしょうか?以下の病気・症状は、ほんの一部にすぎません。もし、歯周病の症状で思いあたる点がありましたら、早目に専門医にご相談ください。

歯周病が引き起こす全身疾患の一例
●糖尿病
血糖値が高くなり全身の免疫力が落ちてきます。悪化するとさまざまな合併症を引き起す恐れもある病気です。

●肥満
肥満を招く原因の一つが、歯周病で起きた炎症だと言われています。また、脂肪細胞により全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすくなります。

●脳卒中
血液中の歯周病菌がプラークを作ります。それが原因で血栓が生じると、脳の血管に運ばれ脳卒中を発症します。

●早産/低体重児出産
低体重児は未熟児とも言われ、2500g未満で生まれる赤ちゃんを指します。歯周病菌の毒素や炎症物質により母体の血液濃度が高くなり、子宮筋が収縮すると早産になる危険性が高まります。

●誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因に多い肺炎で、口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。高齢になると口腔機能が低下するため誤嚥が多く、お口の中に細菌が多いと誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

当クリニックの歯周病治療

スケーリング当クリニックの歯周病治療
スケーリングとは、歯の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付着したプラークが落ちにくくなります。歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善します。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
ポケットの深さが3~4mm前後の、比較的軽い歯周病の場合に行われる手術です。麻酔をかけ、歯石や血膿と一緒に患部の歯肉を削り取ります。肉眼で見えないところなので、かなり難しい手術と言えます。手術後に歯みがきをきちんと行うことで、歯肉は歯に再びつき、ポケットはなくなります。

新付着術
主に前歯の場合に行う手術です。手術後に歯の根が露出するのを防ぐのが目的です。したがって、歯肉の外側を生かし、内部のポケットだけを切り取ります。

歯肉切除術
歯肉が腫れあがっている場合、歯周病が悪化しないようにこの不要な部分の歯肉を切除し、安定のため縫合します。比較的簡単な手術で、短時間で行うことができます。

フラップ法(Fop)
歯周病がかなり進んでいる重度の場合に行う手術です。歯肉をはがし、歯石や血膿とともに炎症部の歯肉を切り取ったあと、元どおりに縫合します。手術は約1時間かかります。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療



TOP