トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療(重度の虫歯治療)

根管治療

根管治療

●「神経を取ったのに痛い」
●「虫歯がひどくなって、抜歯しかないと言われた」
●「根の治療を何回もしたのに、すぐに再発する」

こうした歯の悩みやトラブルを抱えている方はいませんか?でも、諦めないでください。根管治療を受ければ、状態の悪い歯を助けることができます。

神経まで広がった虫歯を放置していると、最終的には歯を抜かなければなりません。こうした最悪な状態を回避して、歯を残すための治療が「根管治療」です。

残せる根は必ず残します!

根管治療当クリニックは、根が残せる状態であれば、必ず残すという考えの元、根管治療に力を入れています。

根管治療は根の先が複雑で、歯科治療の中でも難易度が高い治療です。時間をかけて丁寧に処置を行い、経過観察をしながら治療を進めていきます。症状が治まってもすぐに薬を詰めたりせず、しばらく様子を見て状態が安定したことを確認した上で、薬を充填します。治療の経過を毎回きちんと行いながら、確実な治療をモットーとしています。

たとえ悪い状態の根でも、延命できる可能性があれば、最大限の努力は惜しみません。抜歯しかないと診断されて諦めている方は、一度ご相談ください。

大切な歯を残す根管治療

根管治療虫歯が進行すると、歯の神経(歯髄)に炎症が広がります。歯髄が細菌に感染して死滅すると、急激な痛みや、熱いもの・冷たいものがしみる歯髄炎が起きます。このとき、歯を残すために、根の先の病巣を取り除く処置が、根管治療です。

死んだ歯髄を根管(神経が通っている管)から取り除き、内部の汚れを殺菌・消毒して再び菌が侵入しないように薬で完全密封します。根管は複雑な形をしているので、治療では細心の注意が必要です。また、感染の大きさに比例して、治療の難易度や通院回数が増えます。歯を残すための最後の砦とも言える治療ですので、根気よく治療を受けましょう。

根管治療とは?

根管治療根管治療は、歯の症状により治療手順や通院期間が変わってきます。麻酔を施したあと、専用器具を使って歯の神経が通っている管(根管)を洗浄します。汚れを完全に取り除いたあと、薬を充填して詰め物を被せれば終了です。なお、麻酔をしていますので、治療中は痛みがほとんどありません。

<根管治療の流れ>
治療は麻酔注射を施して行いますが、炎症がひどい場合、麻酔が効かないことがあります。その場合は、神経に直接麻酔をかける伝達麻酔を施します。鎮静効果が高い反面、身体に負担がかかるので、ご高齢の方や高血圧の方には使用いたしません。

【STEP1】歯を削る
虫歯に感染している部分を削ります。
次へ
【STEP2】根管清掃
器械または手動の機械を使い、根管(歯の根の中)の悪くなっている部分を取り除きます。
※清掃器械は症例に応じて使い分けます。
次へ
【STEP3】根管形成
歯髄を取り除いたあと、根管内を完全に消毒します。
次へ
【STEP4】根管補填
歯根内に薬剤と充填剤を丁寧に詰めて、感染を防ぐために完全に蓋をします。
次へ
【STEP5】形成
土台を作り、人工歯を被せます。


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療(重度の虫歯治療)



TOP