トップへ » はじめての方へ » 院長担当の歯周病治療 » 歯は一生の宝物

歯は一生の宝物

院長の歯ブラシ指導歯に対する日本人の関心度は比較的薄く、若い方でも虫歯や歯周病のために歯を失っている方が少なくありません。とても残念です。「歯がなくなったら入れ歯を入れればいい」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、違和感があり、噛み心地や安定感などを考えると、やはり天然の歯に勝るものはありません。

当クリニックでは、歯の健康をとおして、患者様に豊かな人生を過ごしていただきたいと願っています。今ある天然の歯を残すために、予防を重視した診療を行っています。また、すでに虫歯や歯周病になってしまった歯に対しては、できるだけ歯を削らない治療や進行を食い止める歯周病治療、残せる根は必ず残すための根管治療に取り組んでいます。

厚生労働省でも、80歳になっても20本の歯を残す「8020運動」を推し進めています。しっかり噛めて食事ができることが、豊かで健やかな人生につながります。歯は一生の宝物です。患者様と一生お付き合いしますので、自然の歯を残すために、一緒に頑張りましょう。


トップへ » はじめての方へ » 院長担当の歯周病治療 » 歯は一生の宝物



TOP