トップへ » はじめての方へ » よく噛める入れ歯 » 技工士との連携がしっかり噛める入れ歯を作り上げる

技工士との連携がしっかり噛める入れ歯を作り上げる

よく噛める入れ歯入れ歯作りで重要な役割を担っているのが技工士です。歯科医と技工士の円滑なコミュニケーションがなければ、決して満足いただける入れ歯には仕上がりません。歯科医が装着感や仕上がりのイメージを明確に指示し、技工士が正確に理解することで、指示どおりの入れ歯に仕上げていきます。

当クリニックが製作をお願いしている技工所は、開院当初から付き合いがある、優秀な技工士です。コミュニケーションも抜群で、院長が色や形状などを伝えると、技工士が正確に判断し、決して妥協をせずに仕上げてくれます。当クリニックの入れ歯がしっかり噛み合うのは、こうした長年の付き合いがあるからこそと言えるでしょう。

より精度を高めるために、技工士からのアドバイスも
より精度の高い入れ歯を作るために、技工士から院長へのアドバイスなども積極的に行っています。こうした連携があるからこそ、より快適でよく噛める入れ歯がご提供できるのです。


トップへ » はじめての方へ » よく噛める入れ歯 » 技工士との連携がしっかり噛める入れ歯を作り上げる



TOP