トップへ » はじめての方へ » 院長担当の歯周病治療

院長が歯周病の基礎治療を担当する理由

院長担当の歯周病治療

通常の歯科医院では、ブラッシングやスケーリングなどに代表される歯周病の基礎治療を歯科衛生士が行うことがあります。しかし、当院では、患者様のお口の中を最も把握する院長が責任もって担当すべきという考えから、歯周病の基礎治療も院長が行っております。

歯は一生の宝物

院長の歯ブラシ指導歯に対する日本人の関心度は比較的薄く、若い方でも虫歯や歯周病のために歯を失っている方が少なくありません。とても残念です。「歯がなくなったら入れ歯を入れればいい」と思っている方もいらっしゃるでしょうが、違和感があり、噛み心地や安定感などを考えると、やはり天然の歯に勝るものはありません。

当クリニックでは、歯の健康をとおして、患者様に豊かな人生を過ごしていただきたいと願っています。今ある天然の歯を残すために、予防を重視した診療を行っています。また、すでに虫歯や歯周病になってしまった歯に対しては、できるだけ歯を削らない治療や進行を食い止める歯周病治療、残せる根は必ず残すための根管治療に取り組んでいます。

厚生労働省でも、80歳になっても20本の歯を残す「8020運動」を推し進めています。しっかり噛めて食事ができることが、豊かで健やかな人生につながります。歯は一生の宝物です。患者様と一生お付き合いしますので、自然の歯を残すために、一緒に頑張りましょう。

しっかり予防して、自然の歯を残す

院長の歯ブラシ指導診察をしていると、多くの患者様が歯周病に感染しています。症状はさまざまですが、多くの方は歯周病に感染していることに気付いていません。重度の患者様に、スケーリングで落とした汚れをお見せすると、一様に驚かれます。

自然の歯を守る一番の近道は、毎日の歯みがきに尽きます。磨き方のコツをつかんできちんと歯みがきを続ければ、初期段階の歯周病であれば、ほとんど完治できます。併せて、市の歯科検診や3か月に一度の定期検診を受けることで、お口の中を清潔な状態に維持することができます。

歯みがきのコツがわからない方は、院長が指導いたしますので、歯の予防について知りたいことがありましたら、お気軽にご相談ください。

院長の歯ブラシ指導

院長の歯ブラシ指導虫歯や歯周病から歯を守るには、毎日の歯みがきが効果的です。しかし、多くの方は正しい歯みがき方法が身についていないようです。

当クリニックの歯ブラシ指導は、院長が直接行います。歯ブラシの動かし方や、磨き残しの状態をチェックし、模型やイラストをお見せしながら、汚れが溜まりやすい場所や、その方に合った歯ブラシの当て方を指導します。

院長が指導するには理由があります。患者様の歯石の付き方やお口の中の衛生状態を直接見ることで、その人の磨き癖や歯に対する考え方を知ることができます。患者様のすべてを知ることが適切な治療へとつながります。こうした考えの元、院長自らが歯ブラシ指導を行っています。

歯周病の進行と予防

歯肉炎歯周炎
歯の根元に歯垢や歯石が付着し、少し炎症が見られる状態ですが、ほとんど自覚症状がありません。この段階であれば、クリーニングとブラッシング指導で改善することができます。

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯石や歯垢が溜まり、細菌が繁殖して歯肉に炎症が起きている状態です。歯肉が赤く腫れあがり、歯を磨くと出血することがありますが、歯の動揺はありません。この段階では、ブラッシング指導と歯のクリーニングを数回受けることで、短期間で回復します。

中等度歯周病中等度歯周病
歯の周辺の歯肉にも炎症が広がり、赤く腫れあがった状態です。出血や口臭がひどくなり、朝起きたときに不快感があります。歯周ポケットが深くなり、歯の後退が進むと歯がぐらつき始めます。

この段階では、麻酔をして歯周ポケットの奥に付着している歯石を取り除く処置を数回行います。歯周ポケット(歯肉溝)の深さが4mm以上ある場合は、歯周外科の処置を適用する場合もあります。

重度歯周病重度歯周病
炎症が進み、歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがった状態です。骨の後退も進んで支えきれなくなり、歯の動揺が激しくなっています。通常の治療が難しい場合は歯周外科で対応します。それでも治療が困難な場合は抜歯となります。


トップへ » はじめての方へ » 院長担当の歯周病治療



TOP