トップへ » はじめての方へ » よく噛める入れ歯

しっかり噛み合う歯は命とつながる入口

よく噛める入れ歯

歯は臓器」という言葉を聞いたことがありますか?歯は、口から入った食べ物を噛み砕いて、全身のエネルギーに変える役割があります。もし、歯が抜けたり噛み合わせが悪かったりしたらどうでしょうか。食べ物をよく噛まずに飲み込むため消化ができなくなり、全身に栄養が回らなくなります。

言い換えれば、歯は命とつながる入口であり、私たちの健康を支えているのがしっかり噛み合う歯と言えるでしょう。今お口の中にトラブルがある方は、早めに治療を受けましょう。しっかり噛める歯で、豊かな人生をお過ごしください。

入れ歯で噛める喜びをもう一度

よく噛める入れ歯入れ歯は失われた歯の機能を回復するためのものですが、違和感があるからといって、せっかく作ったのに使わない方がいます。その状態では歯がうまく噛み合わないため、食べ物をしっかり咀しゃくすることができません。さらに、残っている歯にも悪い影響を与えます。噛み合う歯がなくなると、対になる歯が伸びてきたり、移動したり、倒れたりしてきて、噛み合わせや歯並びがさらに悪くなるのです。

時間をかけてゆっくり慣れましょう
当クリニックが考える入れ歯は、歯を失った今の状態より、よく噛める入れ歯です。患者様が納得できる最適な噛み合わせが得られるように仕上げています。最初は違和感が強いかもしれませんが、ゆっくり時間をかければ慣れますので、しっかり噛み合う歯を取り戻してください。

丁寧に作り上げる食べるための入れ歯

よく噛める入れ歯皆様は、入れ歯を作るときに何を重視しますか?見た目でしょうか、噛み合わせでしょうか。審美性・機能性などさまざまな要素がありますが、当クリニックでは、しっかり噛めて食事ができることが、最も重要だと考えています。当クリニックの入れ歯のコンセプトは「食事がしっかりできる、食べるための入れ歯」です。

入れ歯は慣れることも大切です
入れ歯は人工物=異物ですので、どんなに精巧に作っても装着時の違和感がぬぐえません。けれども使い続けていくうちに馴染んできます。しかし、痛くて噛めない入れ歯は慣れることができません。そのまま使い続けていると、口腔内を傷つけたり、ほかの歯に負担をかけたりと、さまざまなトラブルが生じます。

入れ歯の本来の役割は、食事がしっかりできることです。こうした考えを元に、当クリニックでは、機能性を重視した、しっかり噛める快適な入れ歯をお作りしています。
しっかり噛み合う入れ歯をお探しの方は、ぜひご相談ください。

しっかり噛み合う入れ歯を作る

よく噛める入れ歯歯を噛み合わせた時、安静にしている時と比べて入れ歯を支える顎堤の位置が大きく変化する方がいます。このような場合は、噛み合わせた時の顎堤の位置に入れ歯を合せることで、噛んだときに痛くない入れ歯に仕上げることができます。

そのため、安静時に少し緩めになりますが、噛みしめた時にはぴったり噛み合いますので、食事をしっかり噛んで食べることができます。

噛みやすい位置に調整
噛み合う入れ歯を作るときに重視するのが、噛み合わせたときの位置の調整です。どの位置で調整するかによって、噛み心地や装着感が変わってきます。当クリニックでは、噛みやすさを重視していますので、最も噛みやすい位置で調整いたします。

ご要望に合わせた入れ歯作り
入れ歯を作るとき、患者様が何を重視しているかによって、作り方が変わってきます。たとえば、話す機会が多い方は会話を重視されますし、見た目を気にされる方は審美性を追求されます。当クリニックでは、患者様の目的やご要望を伺いながら、その方に合った入れ歯をお作りいたします。患者様と話しながら決めていきますので、ご要望がございましたらご相談ください。

技工士との連携がしっかり噛める入れ歯を作り上げる

よく噛める入れ歯入れ歯作りで重要な役割を担っているのが技工士です。歯科医と技工士の円滑なコミュニケーションがなければ、決して満足いただける入れ歯には仕上がりません。歯科医が装着感や仕上がりのイメージを明確に指示し、技工士が正確に理解することで、指示どおりの入れ歯に仕上げていきます。

当クリニックが製作をお願いしている技工所は、開院当初から付き合いがある、優秀な技工士です。コミュニケーションも抜群で、院長が色や形状などを伝えると、技工士が正確に判断し、決して妥協をせずに仕上げてくれます。当クリニックの入れ歯がしっかり噛み合うのは、こうした長年の付き合いがあるからこそと言えるでしょう。

より精度を高めるために、技工士からのアドバイスも
より精度の高い入れ歯を作るために、技工士から院長へのアドバイスなども積極的に行っています。こうした連携があるからこそ、より快適でよく噛める入れ歯がご提供できるのです。

入れ歯の修理をご検討の方に

よく噛める入れ歯入れ歯の修理を希望される患者様には、リフォームが可能であれば修理をし、難しい場合は作り直しをします。作り直しをする場合、患者様のご要望に応じて、いまお使いの入れ歯を複製した仮義歯を作り、修理が終わるまでそれをお使いいただくこともできます。

<入れ歯のリフォームの流れ:仮義歯を作る場合>
1.入れ歯の型取りをします。
2.出来上がった仮義歯をお渡しし、いまお使いの入れ歯をお預かりします。
3.修理した入れ歯をお渡しします。

仮義歯の型取りからリフォームした入れ歯のお渡しまで、3回程度の通院ででき、製作費も仮義歯の材料費と入れ歯の調整費用だけで済みます。


トップへ » はじめての方へ » よく噛める入れ歯



TOP