トップへ » はじめての方へ » 痛さを抑える技術

痛さによる身体への負担を最小限に抑えます

痛さを抑える技術

虫歯で歯科医に行くとき、治療中の痛みが気になるという方はいませんか。こうした痛みに対する不安が、患者様に歯科医院を苦手にさせてしまうようです。

当クリニックは、できるだけ痛くない治療をするために、麻酔注射を使ったさまざまな取り組みを行っています。たとえば、麻酔前の表面麻酔や痛みを感じさせない針の打ち方など、細かい部分にまで気を配っています。治療をするときに痛みがなければ、緊張せずに治療を受けられます。痛みが怖いという方でも、当クリニックでしたら安心して治療を受けていただけます。

卓越した麻酔術

痛みに強い不安がある方には、表面麻酔で痛みを緩和します卓越した麻酔術
麻酔注射を打つときの「チクッ」とした痛みがありますが、多くの方が苦痛に感じると言います。当クリニックでは、痛みに対して強い不安をお持ちの方には、針を刺すときの痛みを抑えるために、表面麻酔を使用しています。表面麻酔とはジェルタイプの麻酔剤で、麻酔注射を打つ前に患部周辺に塗ります。しばらくすると感覚が麻痺してきて、針を刺したときの痛みが感じにくくなります。

ゆっくりやさしく時間をかけて麻酔をうつ
当クリニックの院長は、大学病院の口腔外科出身ですので麻酔が得意です。手の感覚で確かめながら、針の刺し方や注入時の圧力を微調整します。麻酔液を注入するときは、最初に少量の薬を入れ、しばらく待ってから残りを数回に分けて入れます。ゆっくり時間をかけることにより、注入時の痛みや違和感を抑えることができます。

説明して痛みの不安を取り除く

痛さを抑える技術痛みを感じる大きな要因は、何をされるのかわからない不安からではないでしょうか。当クリニックでは、患者様の不安を取り除くために説明をしっかり行っています。麻酔をするとき、歯を削るとき、これから何を始めるのかお伝えすると、多くの方の緊張が和らいでいき安心した表情をされます。

短時間で最小限の歯を削る
歯を削るときの時間の長さも、痛みに関係しています。切削効率のよいタービン(歯を削る器械)を導入し、できるだけ短時間で歯を削ります。効率よく削るので、削り過ぎも防止できます。また、削る歯の量を最小限に抑えることで、歯へのダメージを最小限に抑えます


トップへ » はじめての方へ » 痛さを抑える技術



TOP