トップへ » はじめての方へ » 医院理念

一生お付き合いできる歯科医院

院長あいさつ

当クリニックは、開院以来「地域の皆様と一生お付き合いできる歯科医院」を理念に掲げ、診療を続けてきました。患者様の年齢層は幅広く、症状もさまざまですが、一人ひとりの患者様と向き合い、その方の生活を考えた診療を目指しています。

現在の症状だけを診るのではなく、お口の中の状態が、5年後、10年後、どう変わっていくのかを考えて診断を下し、先を見た治療を行います。症状や痛みを取り除くことはもちろんですが、5年、10年経ったときに、患者様から「あのとき治療してもらってよかった」と思っていただける治療をしていきたいと思っています。

最後まで責任を持って診療いたしますので、お口の中や歯のトラブルでお悩みのことがありましたら、何でもご相談ください。

訪問診療で地域の皆様の歯の健康を守る

院長あいさつこの地域は、昔ながらの住宅が多く、ご年配の方が多く住む町です。二世代・三世代で暮らす方の中には、寝たきりで歯科医に通えないご家族と同居されている方もおり、その多くが自宅で歯科治療が受けられることをご存知ありません。こうした方のためにあるのが、訪問診療です。

当院では訪問診療を行っています。病気や怪我で通院できなくても、ご自宅でも歯科治療が受けられます。訪問診療をとおして、地域の皆様と一生お付き合いしていきたいと思っております。

10年、20年先も地域の皆様が健康でいるために

院長あいさつ今まで定期検診にみえていた方が突然来なくなると、お身体を崩されているのかと、とても心配になります。また、ご家族の方から、体調を崩されているお話しを伺うと、居てもたってもいられない気持ちになります。折につれて訪問診療のご案内をしていますが、利用方法がわからずにお困りになっている方が少なくありません。

少し強引に聞こえるかもしれませんが、「患者様が通院できないのなら、こちらから伺ってでも治療させてもらう」そのくらいの、強い気持ちでいます。10年、20年先もベストな状態が保てるように最善の努力を尽くしますので、お困りの方は、遠慮せずにお問い合わせください。

患者様を知るカウンセリング

院長あいさつ初めての歯科医院で、これからどんな治療が始まるのか不安に感じたことはありませんか?最近では、安心して治療を受けていただくために、カウンセリングで治療方針などをお伝えする歯科医院が増えてきました。その一方で「話を聞くだけで、説明がわかりにくかった」という不満の声も少なくありません。当クリニックでは、安心して治療を受けていただくために、患者様のお話に耳を傾けるカウンセリングを行っています。

患者様を知るために、たっぷり時間をとります
当クリニックでは、患者様について詳しく知るためにカウンセリングを行っています。まず、初診時に問診票をお渡して、現在気になっていることを記入していただきます。それを元にお口の中の状態を見せていただき、患者様のお話をよくお聞きし、治療方針をお伝えします。

お話ししていただく時間を十分にとりますので、治療に関するご要望や不安なことがあれば、何でもお話しください。

カウンセリングで患者様を知るには、患者様をよく見て、よく聞くことから始まります。お口の中をのぞくと、汚れの状態などから歯みがきの癖や歯に対する考え方が伝わってきます。また、お話をしっかり聞くことで、患者様のご職業やお仕事内容、ライフスタイルなど、普段の生活がわかります。こうした情報を総合的に判断して、その方に合った治療方針を作成します。

納得できる治療はインフォームドコンセントから

院長あいさつ当クリニックでは、インフォームドコンセントを順守しています。治療中は、これから始める治療内容について、毎回きちんと説明します。歯を削るとき、抜歯をするとき、その処置がなぜ必要なのかをご説明し、メリット・デメリットについても必ずお伝えします。

治療の必要性がすぐに伝わらないときは、理解していただくまでご説明することもあります。そのため、説明だけで10~15分かかってしまうこともありますが、患者様が納得して治療を受けていただくために必要な時間だと考えています。そのおかげか、患者様からは「他の医院では説明してくれないことも、丁寧に話してくれる」とよく言われます。
 

年齢別歯科治療ガイド

お口の中の環境は日々変わります。それとともに、かかりやすい歯科疾患や治療の内容も年齢とともに変わります。それぞれの特徴や傾向をおさえておくことで年齢に合った予防や治療ができますので、しっかり確認しておきましょう。

20代まで年齢別歯科治療ガイド
●必要な治療:予防歯科・虫歯
仕事や学校などで、ライフスタイルが乱れがちな年代です。食事や睡眠が不規則になったり歯みがき習慣が欠如したりすると、口腔内環境が悪化して虫歯になります。年齢が若いため進行が早く、20代で抜歯となるケースも珍しくありません。虫歯治療と併せて、歯のクリーニングやメインテナンスで虫歯を予防する処置も必要です。

 
30代~40代年齢別歯科治療ガイド
●必要な治療:予防歯科・審美歯科
子育てが落ち着いて、心身ともにゆとりが生まれてくる年代です。社会との関わりが増えてくると、歯の見た目が気になりだし、審美歯科治療で歯を美しくする人が増え始めます。また、歯周病はこの年代から始まりますので、歯のクリーニングやメインテナンスなどの予防対策が必要です。

 
50代~60代年齢別歯科治療ガイド
●必要な治療:歯周病治療・入れ歯治療
免疫機能の低下が始まり、お口の中は細菌に感染しやすい環境となり、歯周病の発症率が高まります。歯周病治療で進行を食い止めますが、重度の歯周病は完治させることが難しい状態です。また、歯周病のために歯を失い、入れ歯を使用するケースが目立ち始めます。

 
70代から年齢別歯科治療ガイド
●必要な治療:訪問診療・入れ歯治療
脳梗塞や糖尿病などの全身疾患や身体機能の低下により、在宅で療養するケースが急増する年代です。外出が困難な場合、通院して歯科医療を受けることが難しくなるため、訪問診療で対応します。また、歯周病が重篤化し、歯を失って入れ歯を使用する人が増えるのもこの年代です。


トップへ » はじめての方へ » 医院理念



TOP